いどまきのいまどきな日常

引っ越ししてきました☆
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    0
      コミュニティFM局の見学

       コミュニティFM局でお仕事をしたことがないので、イメージがわかなかったのですが、地域密着型のラジオ局の意識っていうのを勉強してきました。

       局長さんは、某有名ラジオ番組の製作をなさっていた方で、こりゃぁ、もしかしたら共通の人の繋がりありそうやなぁと思いながらも、熱弁聞くこと2時間。

       とっても熱いお話、勉強になりました。

       担当者さんにとっても「来て良かったです!!」とおっしゃって頂き、橋渡しができたこと、お役にたてたことよかったなぁとシミジミ自分褒め。

       地元の局が、皆の集まりの場になって、そこがコミュニケーションの発祥の地になって・・・やがて市民みんなが手をつないで結束力固まって・・・そんなフルサトになってくれることを願います。

       結構、ええ町やったんやなぁと、思います。

       ワタクシが、出来る事ってほんま大したことないんですが、“こんな人いますけど、話聞きます?”的な人紹介ぐらいしかできないのですが、それぐらいでしたらなんぼでも顔つなぎはさせていただきます。

       それにしても、いどまき家の地元の影響力って結構すごいのだなぁと実感。

       今日来て下さった副室長さんは、
       
       「あそこの方の???」
       「あ〜、そこは本家なんですよ、ワタクシ自身興味ないんで本家に10年ぐらい顔だしてないんですけどね」

       苗字が珍しいので、ほんと過去何かにつけて
       「あ〜、橋本署の???」
       「ってか、とっくに引退してますけど」

       「あ〜、あの橋本高校の真下に家あった???」
       「いや、そこはもう20年程まえに引っ越しましたけど」
       
       こんなやりとりは、しょっちゅう。

       世界遺産、高野山のふもとの橋本市。
       日本人女性初のオリンピック金メダリストである橋本名誉市民:前畑秀子さんの出身地の橋本市。
       

       私の10年程前からの夢なんですけど・・・
       いつか、前畑さんの人生を取り上げた番組を、橋本市民として作りたいなぁって。

       取材も、原稿も、ナレーションも担当して。

       それが、コミュニティ放送大賞を受賞する!!
       な〜んて妄想を実は10年以上も前から妄想していたのですが・・・

       いつか、実現出来ればいいなぁって思ってます★

       
       他、あまり知られていないけど、真田幸村はんが、しばらく蟄居していたのも、橋本エリア。
       (正確には九度山町ですけどね)
       最近では、溝端淳平さんの出身地としても名を知られるようになった橋本市。

       他、ほんまいろいろ歴史あるんですよ、ココって。

       
       頑張れ、FMはしもと準備室★

       

       
       

      | FMはしもと | 23:20 | - | - | - | - |
      0
        奇妙な偶然に驚き! 「FMはしもと」

         人生何事もトントン拍子に進むことってあるのかもしれないですね・・・
         わずか数日前に知った「FMはしもと」設立の情報。

         

         今日初めて担当者さんと電話でお話させて頂きました。

         一体全体、あのすっかりさみしくなってしまった故郷のどこにスポンサーがいるのか?的な具体的なオトナの話。

         そしたらもう、びっくりして。
         小さい町とはいえ(約67000人)、一生顔会わせる事はないだろう人は多いでしょうに。

         発起人は、私の地元の同級生のお父様。
         現県会議員さん。

         そして担当者さんは、その方の御子息のお嫁さん!
         「えぇぇぇ???あのお兄さんのお嫁さんですか!!妹さんとは子供のころは仲良しで私、家に遊びに行ったことありますよ!!」

         ってな感じで大盛り上がり。

         この話は、もう乗るしかないじゃないですか!!

         出資者(スポンサー)たちの、身元(!)もわかったのでバックボーンもしっかりしてる。
         なるほど!!

         共通しているのは、皆、チリジリバラバラに全国に散って活躍されていても故郷を活気づけたいという想いは年を重ねる度に強くなってくるということのようです。

         「そろそろ具体的に番組構成とかを考えていきたいんです。でもみんな素人ばかりなのでなかなか話が続かなくて…」との仰せ。

         「私ができる範囲でお手伝いさせて頂きますね♡」

         既にいくつか企画があって、営業かけに行こうともくろみ中。

         開局当初は、イメージも大事なので数ヶ月間はプロ(一応私もやけど)の喋り手にも来てほしいのでギャラ交渉もしなきゃいけないだろうなとか。
         基本、ギャラ発生しない市民DJを使いたいので養成も必要だなとか。

         いろいろな戦略が、どんどん頭の中で回転しておりました。
         
         いずれにしても一度みんなで集まりましょう!言う事で、あれよあれよという間に進んでいきそうな予感。

         何事もうまくいくときはうまくいくと思うな。
         人の出会いも仕事の出会いも、みんな同じ。


         共通のゴールに向かって、私も参加します!!

        | FMはしもと | 00:04 | - | - | - | - |
        0
          故郷のFM局設立のお手伝いを!
           週末はWAKAYAMA市に出張なのでネットで色々情報収集していたら…
          ワタクシの出身地:和歌山県橋本市がコミュニティFM局設立に動き出しているという情報をキャッチ!

           詳しくは、こちら

           実家に戻る度に、寂れていく町の様子を見ながら“出資してくれる企業もないだろうし、この町にコミュニティFM局なんて開局はできないだろうなぁ…”と漠然とではありましたが思っていました。

           自分が先導切って動き出そうとしないワタクシの性格は昔からなのですが…


           橋本市は、なんやかんやいって“売れる”材料があるのですけどね。
           高野山のふもとっていうのもあるし。

           各著名人の出身地は意外や意外多いのでありますよ。

           永遠の橋本市の名誉市民である、日本人初の五輪水泳女子金メダリストの前畑秀子さんはもちろんの事(NHKの“前畑ガンバレ!”は名文句として伝えられています)、同じく水泳男子古川勝氏(って知らんか?)も橋本市民でしたし。

           最近の有名どころでは、俳優の溝端淳平さんも出身地。ちなみに我が愛する甥っ子は彼の出身小学校に現在通っております☆


           ワタクシは、元々田舎コンプレックスがあったので昔は、“過去には戻るまい!!”と粋がっておりました。でも時折、子供のころ住んでいた場所に自分がいる夢を見るのです。
           
           目を覚まして、“自分は今、どこ(どの年代)にいるのだろう?”とコンフューズしてしまって、そんな時はいっつもなぜか泣いて目を覚ますのです。

           年齢重ねるに従って、否定していたコンプレックスと向き合わないといけないなと、この地があっての自分じゃないのかと思うようになって…

           実家に戻る度に、時代から取り残された場所になっているかのような町をさみしく思っていたのですな。

           そんな矢先にFMはしもとの設立準備のニュース。
           早速連絡とって即ご返事頂きました。

           ワタクシでお手伝いできる事はさせていただこうかと思っておりますヨ☆

           ここでもいろいろご紹介していこうと思っております❤

           なんやかんやいって、紀州和歌山県人です。
           
          | FMはしもと | 18:58 | - | - | - | - |
          PR
          NEW ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          MOBILE
          qrcode
          LINKS
          PROFILE
          OTHERS
          このページの先頭へ